建築事業

桐生市民体育館改築 建築主体工事

クローラークレーンによる屋根鉄骨取付け状況

張弦梁取付け状況

現場紹介

本工事は、老朽化した既存体育館の南側グランドに、新たに体育館を建設する工事です。
屋根鉄骨は、弓なりの鉄骨にタイロッドを弦のように張った、張弦梁を採用しています。
スタッフは当社4名、地元JV2名の6名で奮闘しています。

工事概要

発注者桐生市
工事場所群馬県桐生市相生町三丁目300番
工期平成30年9月20日~令和2年9月30日(24ヶ月)
工事内容敷地面積94,429.29㎡ 建築面積5,665.46㎡ 延床面積6,411.65㎡ RC造 屋根鉄骨 最大スパン長52.4m